女性を上手にエスコート|好印象の作り方

女性をエスコートする男性
「女性との経験が少ない」
「何を話せばいいか検討がつかない」

現実世界で女性と接点がない人ほど、話題づくりに困ってしまいます。
痛いヤツと思われたくないけれど、「気づいたら引かれてしまった」「取り残されてしまった」という経験はありませんか?

ガールズチャットなどのライブチャットの醍醐味は、リアルタイムで女性と話ができること。気に入った女性を落としたい、話したいと思うのは男のサガではないでしょうか。

今回は、誰でも簡単にできる第一印象をよくする振る舞いや話題作りをご紹介します。

好感がもてる!話題づくりとは

基本はメールでスタートするライブチャットの世界。

最初の自己紹介まではほとんどの人がなんなくこなせるはずです。

しかし、ある程度ネタがつきるとこまるのが次の話題。
いきなり下ネタで進めるのもいいけれど、そこはワンクッション置くとスマートです。

もし会話にこまったら、みんなが知っている旬な話題に切り替えましょう。

今日のニュースで知った情報、ツイッターでトレンド入りしているもの等、誰もが知っている話を切り出します。

以外にも、好感がもてる人とはウンチクや難しい話をしません。
誰でも会話に参加できるような提案ができるスマートさがウケるんです。

TV電話で好印象!キメのときの服装とは

いよいよ楽しみにしていたTV電話。
しかし、何をどう写したらいいのか迷ってしまいがち。
完全抜きの場合はさておき、ガチで特定の女性に好かれたいときどうすればいいのでしょうか。

答えは明快、画面に映し出された一瞬が勝負です。
パッとうつった数十秒の間で、ある程度ナシorアリが確定するのです。

そのため、服装は王道の「白」がオススメ。
さらに背景は自分の趣味のマンガや釣り道具、自転車など、おもわず気になってしまうものをうつりこませていきましょう。

自分ががんばらなくても、女性のほうから食いついてくること間違いなし!
口下手であればあるほど、オススメしたいテクニックです。
しかしとくに趣味や興味をそそるものがない、あったとしても目を引くような物がないという場合はどうすればいいのでしょうか。その場合何もないバッグよりも自分のものが少しでも移りこんでいる方が女性も話やすいようです。

また汚部屋でとても人様にみせられないということであれば、あえて写す必要は一切ないため、背景だけでOK!

結局のところ、大切なのは中身です。
話のトークや波長が自分と合うかどうかが大切。

あまり周りを気にせず、自分らしさをうけとめてくれる人が一番なんです。